2017-10

回想 はじめてのドッグラン

去勢手術から2週間たち はじめて車で遠出をすることに!
森林公園にドッグランがあるというので行ってみた。

お弁当をもって、茶々丸とお出かけなんて
茶々丸以上にうれしい。
茶々丸はわかってないですけどね。


行きのドライブは快適だった。
茶々丸はドライビングボックスでキュンキュン。
その都度 こちらも声をかけてやる。
http://www.shinrin-koen.go.jp/index.html
広大な敷地なので なるべくドッグランに近い駐車場に止める。

広いドッグランに茶々丸はビビり気味。
森林公園3

ボールなどは使用禁止なので 一緒に走る。
ところが、ボールを持って遊ぶ人がいて
茶々丸がそれを横取り!
かえしなさ~いと言って走るとこっちはいい運動になるね。
森林公園1




はじめて茶々丸の写真をデジイチで撮る。
甥っ子のサッカー写真で腕を磨いた夫だけれど、
向かってくる犬は難しいらしい。

でも、はじめてにしてはいい写真。
フライング茶々丸。
森林公園2

咥えているのは風に舞っていた枯葉。

その後、お弁当を食べて、園内をリードつきで散策。
なかなか いい一日だった・・・・・。のはずだったが・・。

帰りの車中で茶々丸が吐く それも3回も!
下道2時間ははじめてにしては長かったね。

今はほとんど吐きません。
慣らすのが一番かもね。

よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

回想 去勢手術

回想
11月に入り 茶々丸は去勢の手術。
ガウガウについては すでにオスとして
5歳までの生活をしているのガウガウしなくなるとは
言い切れないらしい。
ただし、マーキングには効果あり ということ。
このころの私は「もう なんでもいいからやっちゃって~」
という心境。

朝 茶々丸を病院につれていき、バイバイ。
戻りは翌日。
男の子は比較的簡単とのことだったので
それほど心配はしない。
でも、まだ来て2週間ぐらいなのに
いないとさびしい・・・。

すっかりうちの子になっていると実感した
去勢手術の日でした。

翌日 早くに病院へ迎え!
また どこかへ連れていかれると思ったのか
茶々丸は病院では食事をとらなかったらしい。
手であげるといくらか食べました。と先生がおっしゃる。

あまり食事に対して意欲を持たない茶々丸なので
入院でますます 気持ちが落ちちゃったのかも。

大事に抱っこして 家へ連れて帰る。

「茶々丸!ここが茶々丸のおうちで
茶々丸はずっとここにいるんだよ」って。
言い聞かせるとこっちの涙が出て仕方なかった。


よかったらポチッとお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 元捨て犬・元保護犬へ
にほんブログ村

回想 健康管理 つづき

茶々丸はフィラリアはこの年はセーフ。
(来年は来年の検査じゃないとわからない!
ちょっと心配したけれど結果はセーフでした。)
一応10月11月12月と3か月薬を飲む。、
以前は錠剤だったけれど 今はフードの形をして薬じゃないみたい。
茶々丸はおいしそうに食べた!

ガウガウいうことや今後の病気の予防のために去勢手術が効果的らしいが
茶々丸の場合、5歳になってからの去勢はあまりガウガウに効果がないかも?
ま、一応やってもらうことにした。
うちに来てすぐに手術だと人間不信に拍車をかけるかもしれないので
11月に予約を入れ、その他登録やら ワクチンの予定やら
茶々丸の予定で満載。

ひとつひとつクリアしていくことで「うちの子」になっていく茶々丸。

でもこの当時はマナーパンツはかせていないと家じゅうにマーキングして大変だった。
茶々丸もいろんなところを経由しての我が家だから、不安でしょうがなかったのかもね。
マナーパンツのおかげでマーキングしても叱らずに済んでよかったと思っているよ。

信頼関係をつくらないといけなかったからね~。

回想 まずは健康管理

茶々丸は4歳ではなくて 5歳だった。
誕生日だけはもとの飼い主から聞いていたようで判明。
8月がお誕生日だったので5歳になって我が家へ来たのでした。

4歳と思っていたから若干ショックだった。
だって一緒にいられる時間が思ったより1年少なくなった気がして・・。

でも、あと一緒にいられるのはどれくらいかわからないけれど
うちの子になったからには愛情を注いで幸せにしたい。
で、まずは健康診断。

我が家に来て翌日に病院へ行きました。
おとなしく車に乗り、診察台ではガウガウやっていました。
詳細は「一週間たちました」で。

回想 出会い2

この子です。
紹介してくれたN子さんに抱っこされて我が家の玄関にやってきたパピヨンは小柄で
腰から下、しっぽまでの白い毛が茶色というか黄色い。
うんちとおしっこのせいらしい。もともとあまり構われていなかった様子。

目がおどおどしていたが、下におろして 夫、父、私とご対面。
すると 犬を飼った経験のない夫の足元にすっと寄って行ってピタリとお座りをする。
犬に好かれる自信のあった父と私は若干がっかりしたが
夫がしゃがみこんでやさしく撫ぜながら「もう大丈夫だよ」と語りかけている様をみて
一時預かりの方、N子さん、N子さんの次女のEちゃん、一同安堵のほほえみでした。

しかし あまりに汚れているので トリミングサロンをしているEちゃんがシャンプーしてくださることに。
午後 出来上がってきた茶々丸はふさふさでかわいい!
汚れが長い間ついていたので 徐々にきれいにしていくとのこと
でも いやなことがあると唸るし 牙もむくので当分気をつけたほうがいいとのアドバイス。

マナーパンツはものすごくいやがった。
噛まれはしないけれど、ウガ~っと牙をむいて威嚇。
厚手の手袋をはめて、パンツやパッドの交換に挑む。
「これしないと うちにいられないんだよ~。」若干半泣きの私。
このころはちょっと辛かったな。CIMG1804.jpg

«  | ホーム |  »

プロフィール

yukari11

Author:yukari11
2匹の保護犬と暮らす
夫婦とおじいさんの
日常です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (13)
回想 (7)
現在 (92)
お出かけ (49)
病院 (8)
セラピー犬 (17)
羊毛フエルト (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR